初回面接と2回目以降の面接

基本的なカウンセリングの流れをご紹介します。マンションタイプの家庭的なお部屋で皆様をお迎えいたします。なお、入り口にトポス心理療法オフィスの看板などはありません。ご予約した時間にチャイムを押してください。


初回面接

初回面接では、今回来談することになった経緯、現在のお悩み、カウンセリングへの期待などについてじっくりと聞かせていただきます。最大90分の時間をとります。お話を聞いたうえで心理的支援が可能と判断された場合には、カウンセリングの目標を協働的に話し合って定め、2回目以降のカウンセリングを継続することになります。初回面接だけで一定の問題解決に至った場合や、2回目以降お引き受けすることができないと判断された場合には今回で終了となります。なお、初回面接の冒頭の時間(10分~20分程度)を使って、各種のインフォームド・コンセントが行われます。来談後すぐにお話を聞くことができず申し訳ありませんが、ご了承ください。こちらにはインフォームド・コンセントの指針が、こちらには初回面接のときに説明される事項の一部としてプライバシー・ポリシーが示されていますので、カウンセリングを申し込まれる前に必ずお読みください。


2回目以降のカウンセリング

2回目以降のカウンセリングでは、初回面接で話し合われた目標の実現に向けて、継続的なセッションが持たれます。無理のない回復と問題の解決を目指して、カウンセリングは一人ひとりの相談者に適した方法で行われます。継続カウンセリングは50分のセッションを毎週1回の頻度で、当初の目標がある程度実現されるまで継続することを基本とします。しかし、頻度と期間については、相談者の様々なご事情や状況について考慮しながら、そのつど話し合いのうえで決めることになります。


カウンセリングの終結

こうなりたいと考えていた自分に近づいたとき、初回面接のときに抱えていた問題がある程度解決されるに至ったとき、状況はあまり変わらないけれども楽に生きられるようになったとき、カウンセリングなしに生きていける自信がわいてきたときなど、カウンセリングの終結を考えるべきときが必ずやってくるものです。カウンセリングの終結は、相談者の方から「そろそろやめても大丈夫なので」と申し出ることもあれば、セラピスト・カウンセラーの方から「もうカウンセリングに通わなくても大丈夫のように思いますよ」と提案することもあります。そして、二人の話し合いによってカウンセリングの終結が決まります。ただ、終結を決めたその日を最後にしてカウンセリングが終わることは稀です。多くは、それから何度かお会いしてお別れとなります。というのは、お別れのための心の準備をするためと言ってもよいと思います。


フォローアップ

ご希望があれば、終結してから数か月後にフォローアップ面接を行うことも可能です。フォローアップはとても大切です。特にカウンセリングによって何らかの危機から立ち直って回復した相談者の方は、カウンセリングを離れてからもさらに回復が進むことがあり、その後の回復と成長について話し合うことには大きな意味があります。フォローアップの後は完全にカウンセリングから離れるのもよいでしょうし、毎年一回来談して、年に一度のフォローアップをずっと継続するのもよいと思います。いずれにせよ、フォローアップの実施も話し合いのうえで決めることになりますので、ご予約が必要です。



~カウンセリングを札幌で~